通信制高校に行きたい方へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!!

このホームページでは通信制高校について、また通信制高校とはどうゆうものなのかをまとめていきたいと思っています。
私は愛知の通信制高校を卒業しました。そして高卒認定を取得し大学受験をし、一昨年に大学を卒業!
今は、メーカー勤務で日々社会人生活を楽しんで頑張っています。

私の勤めている企業は大学卒業者の採用しかしていないので、あのとき通信制高校に行っていなかったら今がないと思うと感慨深いものです。人生は選択の連続ですね。まだまだこれからなのでしょうが…!^^;

人生の転機になったのは通信制高校に通いはじめてからだな〜と思います。

通信制高校で人間関係のストレスなく勉強に望むことができ、大学まで卒業できたので全日制高校を中退したときの私からは考えられないぐらいの奇跡です。

このホームページにお越しの方は、通信制高校の入学を検討している方やまたその家族の方が多いかと思います。まずは通信制高校のことをしって、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。このサイトを役立ててくれたら幸いです!!

私が通信制高校に行った理由

私が通信制高校に行った理由は、全日制高校の集団生活に馴染めず退学したからです。

みんなと同じようにしないといけない集団生活は私にとって大きなストレスでした。学校に行く前の時間、そして学校にいる時間が憂鬱になりバイトをしている方が断然楽しくやりがいを感じていました。高校2年生になる2ヶ月前に完全に不登校になり退学しました。

両親は、私が高校卒業の資格はきちんととることを条件に退学を受け入れてくれました。私も全日制高校を退学したものの、高校の卒業資格はほしかったですし、退学とほぼ同時に通信制高校について調べはじめました。

私の住んでいた名古屋にも多くの通信制高校や通信制高校の授業をサポートする学校(サポート校)があることに驚きました。

多すぎてどう選んでいいかわかりませんでした。(・・;)なのでできる限り通信制高校について調べました。次に通う通信制高校はちゃんと卒業したい!という強い意志がありましたし、自分も両親も納得する学校を選びたかったからです。

まずは通信制高校をしろう

いざ、通信制高校について調べてみるといろんなタイプの通信制高校があるのに驚きました。

また聞いたこともない単語もでてきて、困ったのも覚えています(^^;)

通信制高校のスクーリング(通学)は、週に1、2回通うところや5日通うところ、もしくは年に2泊3日ほどの合宿で終わるところなど、勉強スタイルは様々で自分で選択することができます。

学費にもかなりバラつきがあります。私が探した学校では安いところでは年間20万円いかないほどでありましたが、150万以上の学費がかかるなんて学校も!

もちろん受ける授業やカリキュラムも違うので値段だけで決めるのは難しいですが、やはりしっかり内容を比較することが大切です。

通信制高校を調べる

はじめはインターネットで各学校を調べていましたが、やはり学費・募集要項などをしっかり見るには、パンフレットが必要だと思うようになりました。なので各学校の資料請求をしようと思っていたときに見つけたサイトがこちらの

【通信制高校一括比較ズバット】です↓

こちらのサイトは通いたい地域の通信制高校の資料を一括に請求できるところがとても便利で魅力的なサイトです。利用は完全無料で個人情報も守られます。【スバット】が定めた厳しい基準をクリアした通信制高校やサポート校のみ、パンフレットが届きますので実績や信頼がない学校やサポート校の資料は届きませんので安心できるかと思います。

各学校ごとに資料を請求するのは手間なのでこうゆうサービスを利用して効率よく、楽をしましょう!

通信制高校は、各学校ごとの特徴が大きく違うので、事前に調べること、比較することが重要です。

インターネットだと自分が気になるページのみをクリックしてみますが、

パンフレットだとざっとでも始めから目を通すので網羅的に情報を得られるというメリットがあります!

いまは情報の多くが電子化に進んでいますが、紙ならではのいいところもあると思います(^^)♪

そしていろんな学校を比較していくうちにだんだん自分が優先したいこともわかってくるというメリットもあります。なにができるかわからないと選びようもありません。

私は比較し、数多くのパンフレットに目を通すうちに【大学に進学したい】と思うようになりました。

といっても高校を退学したすぐ後でしたし、明確な目標があったわけではなかったですが、しっかり勉強を進めていける通信制高校を念頭に探しはじめました。パンフレットには、通信制高校から大学に進学した先輩方の紹介も多く記載されていたため、『進学もできるんだ!』と私の中で目指すきっかけとなりました。

授業のカリキュラムなどネットをみただけではなかなか知れない情報も多いのでしっかりパンフレット請求して比較してみましょう。

比較したら見学へ

資料を取り寄せて、調べたら、実際に見学に行ってみましょう!!

見学にいってはじめてわかることがと〜っても多いです。

実際の校舎の雰囲気や施設など自分の目でみてみることが大切です。

といっても何箇所も行くのは大変なのでパンフレットを見比べてある程度絞ってから見学に行くのがいいかと思います。私も2校に見学に行きました。通信制高校の教員の方に直接色々話しが聞けて、教えてもらえるので入りたい!と思ったところには、行きましょう。

実際にいくと…

✓実際距離が近くても、交通が不便でいくのが大変

✓校舎が想像以上に狭い、汚い…

✓なんとなく…雰囲気が合わない

というマイナス面や…

✓パンフレットでみたときよりも雰囲気が良い!

✓先生がとても親身

✓交通の便がよく駅もいろいろあり、なんだかワクワクする!

というプラス面も感じれるはずです(^^)

通信制高校をいく方の多くは『高校卒業資格』がほしいという目標があるかと思います。

自分のライフスタイルにあった通いやすい高校であったり、通いたいと思える高校を実際に目でみて選びましょう。

見学に行かないで決めてしまう方も多いのですが、あとで後悔しないためにも見学にいくことをおすすめします。

通信制高校は新しい学校の形です!

私が通信制高校に実際に通って感じたことは、これから通信制高校を選ぶ人がどんどん増えてくるのではないか!ということです。

私自身、全日制に馴染めず通信制に移ったので、少しネガティブな入りだったのですが(汗)、入ってみると、前向きな理由で選択しているひとも多く刺激を受けました。

夢や目標に時間を使うために始めから通信制を選んだ子も多くいました。中学を卒業してからすぐに働きにでたけれど、やはり学びたいと通いはじめた方など年齢層も様々です。

『全日制高校を辞めた人がいく高校』というイメージだったのですがそんなこともありませんでした。もちろん私のように全日制高校を辞めた人も多いのですが、みんな新しい環境で目的をもって勉強していたように見えました。

これから、社会がどんどん多様化していきます。通信制では単位を取得する形なので毎日学校に行く必要なく自由に時間を組めるところが魅力ですね。

また新たにスタートを切りやすいのもいいところです。

通信制高校が多く方にとって選択の一つになっています。

一度ドロップアウトしても大丈夫!

日本の教育は、小学校から始まり、義務教育の中学を終えたら、ほぼ当たり前のように全日制高校にいくのが一般的です。進学するにしても就職するにしても高校卒業が条件になっていることが多いのが今の日本社会です。

でも全ての人がみんなと同じように全日制高校に通えるわけではありません。途中で辛くなって私みたいに辞めてしまう人も多いです。

一度つまずいてレールから外れたからといって「はい、終わり」だなんてことはありません。

途中で学校を辞めても、初めから高校を選択していなくても、あなたが学び直したいと思ったその時から学び直すことができ【高校卒業資格】を取得できます。

高校卒業資格があれば、進学や就職面でもおのずと世界がどんどん広がっていきます。

自分らしさを大切にしながら、学べる場が通信制高校にはあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする