通信制高校について

通信制高校が退屈な原因はコレ!退屈から抜け出し充実させる方法★

こんにちは。

今回は「通信制高校が退屈」とお悩みの方に対して、原因と効果抜群の対策をまとめました。今後、津新制高校入学を検討されている方もご紹介するポイントを取り入れると日々の充実度があがること間違いなしです。

ぜひご覧ください♪

 

通信制高校は退屈になりやすい?!

退屈とは、平穏なことをいいます。慣れた同じ状況が続くということで決して悪いことではありません。トラブルが続いたときに、「平穏・平凡が一番!!?」と強く感じた方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、平穏・平凡もずっと続くと「退屈」へと変化していきます。

 

全日制高校でも通信制高校でも、基本的には日々は繰り返されており、退屈を感じるときはだれにでもあります。ですが、通信制高校の学生は全日制高校の学生に比べても圧倒的に人と会う機会が少ない!ここに大きな違いがあります。

 

私達は、良い悪い関係なしに、人と会うことで「刺激」を受けて生活をしています。

 

通信制高校で自宅を進めている学生は、自分の家族や仲のいい友達と会うことはあっても、それ以外の人とは会う機会が少なく、良くも悪くも波が起こらず「平穏」になりやすいといえます。

 

団体生活が苦手な人、少人数が好きな方もいると思います。周りの目を気にせず自分のペースで自分らしく学校生活を送れるのが通信制高校の魅力です。

 

そのような環境を平穏・快適と思う方も多い反面、慣れてきて「退屈」と感じる方も多いです。

 

 

通信制高校で退屈を回避するために

通信制高校では、多くの人が合う機会が少ないので、刺激が少なく退屈になりやすいと書きました。

 

退屈な状態が続くと毎日がつまらないと感じ、つまらない状態が続くと、活力が減っていきと無気力や鬱気味な状態になってしまうことも。(><)

 

それに通信制高校にに通っている間「退屈、つまらない」と感じて過ごすのはもったいないですよね。退屈にはならない、充実した日々を過ごすポイントをご紹介します。

 

行事・イベントには積極的に出席

通信制高校でも文化祭や体育祭、遠足などのイベントがあります。ぜひ積極的に参加をしましょう。

 

通信制高校のイベント参加は、個人の自由になっているものも多く、不参加の学生も多いです。ですがその一見めんどくさいなと思うことこそ、退屈からの脱却のチャンスです。

 

はじめはあまり興味がなかったり億劫に感じても、いざ参加してみると思った以上に楽しめたり、新しい友人関係の輪が広がることも?♪

 

イベントなどを参加しない学生のなかには、「めんどくさい」と決めつけてしまっている方もいるかと思います。普段と違うことや慣れないことを「楽しいかも♪」と考えるようにすると退屈を感じる生活から抜け出せやすくなります。

 

めんどくさいと思う癖ありませんか?

楽しそう♪に変換しましょう!

 

 

クラブや部活、バイトをする

退屈、変化がほしいと感じている方は目的別に部活に参加したり、アルバイトをしたりと新しい「コミュニティ」に参加していきましょう。

 

部活やアルバイトでは同じ目的をもった人が集まります。共通点はありますが、「今まであまり仲良くなったことがないタイプ」の方もいるでしょう。だからこそ、自分の世界がどんどん広がります。学校や年齢の垣根を超えられるもの魅力です✨

 

いろんなタイプの人が集まれば、トラブルもあるかもしれません。でも、だからこそ学べるや楽しいことも多いです。

 

目標・夢に向けて行動する

目標を持って日々行動していくことで、充実感を感じることができるほか、今の退屈の日々が、大切で貴重な時間へと180度変化します。

 

この退屈で空いた時間があるから、目標のために行動できるからです。

 

進学を目指す学生であれば、行ける学校ではなく、自分が本当に行きたいと思う学校を目指してみる!美容やプログラミングに興味がある方は、学校で専門課程を選択したり、自宅でできる勉強してみましょう。

 

その他にも、たくさんの本を読む、映画を見る、運動をするとかでも素晴らしいと思います。

 

目標や決めたことに日々行動していくことで、毎日充実感や満足感を感じることができるようになります。生活に張りが生まれ、退屈とは無縁になります?

 

退屈な時間は自分がそう捉えてるだけ。ですから、捉え方次第ですぐに変わります。

 

普段と違うことをする

普段を違うことをすると気分転換にもなりますし、大きなリフレッシュ効果やリラックス効果を得ることができます。

 

退屈の原因はマンネリ(刺激のなさ)ですから、変化を自分に与えていきましょう。

 

「普段と違うこととは?」と思った方は、「普段を違う場所にお金を使う」ということを意識してみてください。

 

今まで行ったことない飲食店、街、場所、体験にお金を使うことを意識✨日常生活でもまだ見ぬ新たは発見がたくさん生まれること間違いなしです。

 

当たり前はないこと認識する

繰り返される毎日を当たり前だと認識すると、退屈に感じやすくなります。

 

ですが「当たり前」はありません。コロナ禍になり、学校生活も大きく変わりました。マスク着用や行事の中止、修学旅行がなくなったという学生も多くいます。

 

コロナ以外でも、明日変化が起きて、同じように過ごすことができなくなっているかもしれません。

 

当たり前はないと思うと今の目の前の生活や日常を大切にしようと思えるようになります。同じ状況でも退屈ではなく、感謝を感じれる日常へ変化します✨感

 

このような気持ちに変わると無理しなくても、自然と自分の行動が変わっていくでしょう。

 

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

自宅での勉強は快適さもありますが、その分やる気がなくなったり、刺激がなかったりとデメリットもあります。良い悪いはありません。上手に向き合っていくことが大切です。

 

昨今は、企業でもテレワークが進み、以前のように毎日出社して働くというスタイルが減少しています。今回書いたことは、社会人として働くようになった後も役立つと思います。

 

ぜひ、できることから試してみてください。退屈だなあ〜つまらないな〜と思っている方は自分でそれをひっくり返せば、一気にプラスになるチャンスを持っています♪

 

あなたの通信制高校生活が充実したものになるように応援しています。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

-通信制高校について

Copyright© 通信制高校専科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.