通信制高校について

通信制高校は、充実!それともつまらない?通信制高校の二面性をご紹介☆

通信制高校ってどんな学校?と気になる方も多いと思います。通信制高校は様々な一面があり、決して一言ではいえません。

 

今回の記事で、通信制高校の意外な二面性をまとめました。いろんな側面があるから面白い!通信制高校の個性をご紹介します★

 

学習意欲の差が大きい

通信制高校には、年齢問わず、高等学校を卒業を目指して意欲的に入学してくる学生が多くいます。ですが、勉強に対して意欲がない学生も多くいます。

 

全日制高校を何かしらの理由で退学した後に、親や教員に進められて、なんとなく(又は嫌々しかたなく)入学している学生も多いからです。また、通信制高校の方が、楽そう・遊べそう・自由そうだからと選択する学生もいます。

 

勉強意欲がないため、学習態度が悪かったり、単位が取れずに何年も在籍している学生やそのまま退学を選択する学生も多くいます。

 

一方、全日制高校は退学したからこそ、通信制高校は必ず卒業するぞ!という強い意思を持っている方も多くいます。

 

同じ通信制高校にいても、温度差は個人個人で大きくことなります。

 

同じ学校にいても、どのように学び、何を得るかは人それぞれで大きく異なります。学校に入学しても、自分で単位を取得していく勉強していくスタイルからみてもあくまでも【個人主義】です。

 

あなたはどちらを選択しますか?全部自由なのが通信制高校です

 

 

様々なタイプの学生

学校にいる学生のタイプも様々なのが通信制高校特徴と言えるでしょう。

 

「通信制高校は、引きこもりや不登校で全日制高校を退学した学生が選択するところ」という印象が強かった方は、驚くと思いますが、実際に行ってみると明るく社交的で元気な学生も大勢います。

 

校則がない学校が多いので髪の毛を明るく染めて、メイクやファッションを楽しんでいて、とても派手で明るそうに見えがちといった方が正しいかもしれませんが?

 

外見も内面も、そして年齢も様々な個性を持った学生が集まっています。

 

全日制高校でも多くの人が集まる場所は、いろんなタイプの学生が集まるのは当然ですが、通信制高校は特に個性の幅が広いなと感じます。それは多様性が認められている環境だからと言えるでしょう。

 

偏差値もなく、学力も人それぞれです。通信制高校を選択した理由も一人ひとり事情が異なります。

 

パッとみると明るくて派手なグループと静かなグループに分かれている用に見えるかもしれません。そしてどのようなタイプであっても、尊重され認められているのが特徴です?

 

 

充実度の差が大きい

どんな環境でも楽しいと充実させるか、つまらないと退屈に過ごすかは本人次第です。

 

ですが自由度が高い通信制高校は、その差が大きく出るといえるでしょう。

 

通信制高校を卒業した方では「充実だった!成長できた!?」と満足感を感じている方もいれば、「すごくつまらなく退屈だった?」という感想を持つ学生に大きく分かれます。

 

自由ということは良く聞こえますが、自分次第ではその自由な時間はそのまま退屈な時間へと変化します。

 

退屈な日が続くとだんだん無気力気味になり、楽しいと感じれなくなることも(><)。忙しくしている方が、日々の充実感や達成感を感じやすいという方も多く、忙しいからこそ自由にできる時間に価値も生まれるのかもしれません。

 

「自分の自由の時間をどう使うか?」このことを意識できるかで、日々の充実度や未来が大きく変わってきます。

 

通信制高校は、全日制高校ほど、ルールも厳しくなく多様性が認められています。自由の時間の活かし方は自分次第です。

 

 

教員との関り方の差

通信制高校では、困りごとなく、問題なく勉強や学校生活を進めていける学生は、教員と関わることや話すこともさほどなく、卒業を迎えます。そのため卒業後教員のことを覚えてない、印象に残っていないという学生も多いでしょう?

 

ですが、教員としっかり二人三脚で学生生活を送る学生も多くいます。

 

勉強面のサポートだけでなく、心理面でのサポートが手厚い学校や教師も多く、「この先生との出会いが人生を変えた!」そう感謝して卒業する学生も多くいます。

 

もともと通信制高校は、いじめや孤立などで全日制高校を辞めた方の受け皿としての学校という側面もあります。サポート力に力を入れている学校も多く、学校に苦手意識がある学生の卒業を目指す学校としての位置づけでもあります。

 

通信制高校に入って、困ったことや不安なことがあったら遠慮なく教員のサポートに頼りましょう!抱え込まずに頼る、助けを得る、これも大切なことで成長です?

 

通信新制高校は自主性も求められますが、サポートが必要な方には、大きなサポートがあります。学校生活に不安がある方も安心して選択してくださいね。

 

まとめ

以上、通信制高校の二面性をご紹介しました。

 

同じ学校でも、いろんな価値観・考え方の人が集まる場所なのが通信制高校。感覚的には大学に近いかもしれません。自由にできる分、ある意味自分との戦いの場とも言えるでしょう。

 

通信制高校を考えている方はぜひ、入学前に「なぜ通信制高校に入るのか?」「卒業後はどうなりたいのか?」と目標やゴールを明確にすることをおすすめします。

 

目標を明確に持つことで、通信制高校生活をより充実したものにできるでしょう?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お役に立てたらなら幸いです!

 

-通信制高校について

Copyright© 通信制高校専科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.