通信制高校の入学のタイミングは?転入と編入の違いについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通信制高校は単位制で1学年、2学年という概念がありません。

全日制の通信制高校から通信制高校に転校してくる学生も多いのですが入学はいつどのタイミングからでもできるのでしょうか?

気になる入学時期についてまとめました。

通信制高校の入学可能時期

通信制高校に通おう!と決めても【どうゆう形で入学するか】で入学できるタイミングは変わります。

少し、ややこしいですね。

転入(全日制高校在学中に通信制高校へ通うこと決める)の場合⇒随時入学OK
編入(学校を中退してから通信制高校へ通うことを決める)の場合⇒4月、10月入学OK
初めての入学(高等学校に通ったことがない方)⇒4月、10月入学OK

となっている通信制高校が多いです。

もちろん学校ごとで異なり、編入でも随時入学できる通信制高校もありますが、一般的に編入及び初めての入学だと入学できるタイミングが4月、10月となっている学校が多いです。

転入は随時入学ができる学校が多いですがで、入学できるタイミングが決まっている学校もありますのでやはり確認が必要です。

通信制高校は、いつでも入学できるというイメージがありますが、状況によって異なります。入学が遅れると卒業もその分伸びてしまいますしできる限りスムーズに進めたいですよね。

自分にとってベストなタイミングで入学できるよう各学校の入学案内を確認しましょう。各学校の入学案内は、【通信制高校】実施するなら「ズバットブランド」!で取り寄せることができます。

転入・編入での単位の引継ぎは?

高等学校に通って単位を取得していた方なら、転入でも編入でもその単位は引き継げます。

決して在学中に、手続きした場合のみ単位が引き継げるということはないので安心してください。

ですが1つ注意したいことがあります!

全日制高校で単位を取得するタイミングは、進級するタイミングです。つまり、学期ごとではなく、1学年から2学年に上がるときに、必要な出席数・成績を収めることで単位が与えられ、進級できるのです。

そのため、学年の半ばや後半で辞めた場合単位が取得できいないので、「思ったより取得単位が少ない」と感じてしまう学生も多くいます。その分、入学後の通信制高校で取得しないといけない単位が増えるので、勉強の量、そして学費が高くなります。

転入・編入後の卒業タイミング

卒業タイミングは、一人ひとりの単位を取得していくペース、そして入学前から取得していた単位によって変化します。

高等学校に全日制、通信制含めて3年在籍することは必須なので、どんなに早いペースで単位を取得していっても、合計の在籍期間が2年で卒業できることはありません。

一つ前の項目で、全日制高校を辞めるタイミングによっては、取得した単位数が少ない場合があるとかきましたが、例え取得できた単位が少なくても転入後しっかりコツコツと勉強・レポートを進めていけば、同学年と同じタイミングで卒業することは十分可能です。

通信制高校は、仕事をしながらでも卒業できるカリキュラムで授業を組まれています。全日制高校と比べ、勉強範囲も狭く、難易度も基礎的な内容となっています。ですから、計画的に勉強を進めていけば、目標とする卒業時期に卒業することは可能でしょう!

通信制高校に入学後も目的をもって勉強を進めていくことが大切です✨

転入・編入で変わる履歴書

転入と編入では、履歴書を記入する際、記入の仕方が変わってくるのでご紹介します。

転入の場合は、前の学校に在席中に入学手続きを行うので履歴書には、

「○○通信制高校 転入学」

と記入します。

編入だと一度高等学校を辞めているので、履歴書には

「中途退学」と記入した後に、「△△通信制高校 編入学」

と記入します。

編入だと「中途退学」という言葉をかく必要がでてきます。細かなことで気にならない方も多いかもしれませんが、そのような違いもあります。

また、中途退学と記入することが、就職や面接の際に必ずしもマイナスにでるかといったらそうゆうこともありません。

まとめ

通信制高校に入学したい場合でも転入(全日制高校在学中に通信制高校へ通うこと決める)か編入(学校を中退してから通信制高校へ通うことを決める)、そして初めての高等学校入学かで、入学できるタイミングが異なります。

一般的に転入の場合は、随時入学可能な学校が多く、編入・初めての高等学校入学は、4月・10月に入学可能が多いです。

ですが学校ごとによって、入学できる時期やタイミングは異なるので気になる通信制高校の資料を取り寄せて確認しましょう。また資料を取り寄せると願書などの入学案内が同封されているのでスムーズです。各通信制高校資料請求は、こちら「ズバット 資料請求一括サイト」をご活用ください。各通信制高校が提携している公式サイトです。

以上、通信制高校の入学のタイミング、転入と編入の違いでした。

いま、全日制高校の退学などをを検討している方がいましたら、こちらの記事も合わせてお読みください。

今このサイトを見てくれている方には、今通っている高校を退学(または休学)しようと思っている方やその保護者の方も多いと思います...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする