通信制高校について

通信制高校ずさんな運用がニュースに!実態と入学前に知ってほしいこと

こんにちは。

このようなニュースが報道されていました。

通信制高校のずさんな運用に文科省が対策を行うという内容です。

☑教育の質を確保できていない。

☑アルバイトを「特別活動」と認定し、単位を与えている。

☑サテライト施設(キャンパス)が狭く、理科実験や体育などの必要科目を受けれていない。

まとめるとこのような現状があるようです。

 

通信制高校の卒業生、そしてサイトを運営している身として、とても残念なニュースでしたが…

「やっぱりな」と思う気持ちもありました😅

 

ここでは、通信制高校の裏側の実態と入学する上で大切なことをまとめました。

通信制高校をお考えの方に役立ちましたら幸いです。

 

通信制高校の実態【裏の一面】

注意ポイント

こちらで話す通信制高校の実態【裏の一面】については、そのような面もあるということで、すべてがそうであるということではありません。

多くの通信制高校が、適正な教育環境を整え運営しています。でもその中でも一部このような状況が起きていることも事実です。

 

学校生活に無気力な学生

まず通信制高校には「高等学校卒業資格だけをとれればいい」という考えの学生が多くいます。

もちろんこれは悪いことではありません。

高等学校卒業を目指し、卒業を目指すのはむしろ前向きなことだと思います。

ですが、前向きな気持ちでない学生も多くいます。

「全日制高校を退学し、担任に進められたから仕方なく」

「通信制高校なら楽に卒業できそうだから」

「とりあえず、高校卒業しないと親がうるさいから」

「本当は学校なんて興味ないけど、なんとくなく入った」

いわゆる学校生活に対して、無気力(興味が薄い)な学生です。

 

通信制高校に関わらず、このような考えの学生は全日制高校でも多くいますね。私は全日制に通っているときは、もう高校卒業すら目指さなくてもいいと思っていました…^^;

 

 

卒業率を上げたい通信制高校

その一方、通信制高校及びサポート校は、数多くある通信制高校の中から、我が校を選んでもらいたい!と強く切実に思っています。

なぜなら私立である学校は学生が入ってきてくれないと運営ができません。

そこで、「自分の学校の魅力や良さ」を作り、アピールしたいわけです。

例えば…

・うちの学校の、不登校克服率は90%

・有名大学進学の学生が昨年は20名いました

・卒業率が他校と比べて非常に高いの当校の魅力です

・卒業後の進路決定率は90%!

などなど、優れた点をどんどん発信し、1人でも多くの学生にこの学校に入学したい!と思ってもらうことを望んでいます。

その中で、「卒業率が高い」というのは、通信制高校側もアピールしたい項目の一つなのです。

 

学生にやめてほしくない

このように卒業率を少しでも上げて、「学校の魅力や価値」を高め、競争社会で生き残りたいと考える通信制高校及びサポート校。卒業率が高いことをアピールしたいため「学生に学校をやめてほしくない」という考えが生まれます。

なので、はじめに述べた、「全日制高校を退学になったから、なんとなく入っただけで、別に辞めてもいい」という学生に対して、「お願いだから辞めないでくれ!そのアルバイトを【特別活動】として認めるから、そしたら単位ちゃんととれるよね!」

などという教育現場にふさわしくないやり取りが生まれてしまっているのだと考えられます。

このような現状が今回のように、アルバイトを【特別活動】を認めてしまうという問題に繋がっていると思います。

なぜそんなこと知っているの?

これは実際に、サポート校に通う知人が学校から言われたことだからです。この話をきいたときは驚きましたね^^;

ちなみに専門学校でもこのようなことを言われた!という方はいるようです。

就職率が高い学校も実際は、学生の頃から続けていたバイトをそのまま続けるということだけで「進路決定率」としてカウントしている場合もあります。

少子化の現在、学校運営は大変なのかもしれません。

 

 

キャンパスは学校施設ではない

数多くのキャンパスをもっている学校もあります。

でもその多くがビルの一角を間借りしており、いわゆる学校という建物ではありません。そのような場所で理科の実験や体育が行うことはできません。

その際は近くの運動場に移動して行うなどの配慮が必要なのですが、それを怠っているような学校があるようです。

キャンパスが多いほうが学生にとっては便利です。ですがキャンパスを増やせば増やすほど、賃貸料がかかるため小さな一室が通信制高校となっている通信制高校も多くあります。

繁華街の裏路地に学校があったりと、実際行くと驚くような場所にキャンパスがある通信制高校も多いです。

キャンパスについては、一度足を運び実際にどのような場所なのか確認してみることが大切です。

パンフレットで学校の案内をみたときは「快適そう!素敵だな」と思っても、自分が通うキャンパスは全く違う場所だった!ということになってしまうかもしれません😂

キャンパスの雰囲気を見に行くことは必須です

 

すべて自分次第の通信制高校ライフ

以上、通信制高校実態【裏の一面】いかがでしたか?

ちょっと通信制高校が嫌になってしまうかもしれませんね💦ですがちゃんと運営している学校がほとんどなので安心してくださいね(^^)

このような現状をあるのを踏まえ、通信制高校を選択する上で大切だと思うことをまとめました。

個人主義・自立が求められる場所

通信制高校は、全日制高校よりも、個人の意識や気持ちが反映され認められる場所です。

毎日登校して勉強を行うこともできれば、集中スクーリング以外登校しないことも可能です。

夢や目標に向かって時間を使うこともできれば、家でマンガやゲームをして過ごすこともできます。

単位を落としても、全日制高校のように進級できないということはなく、自身の負担も低いです。

資格を取得したり、専門分野の勉強をすることもできれば、それらのことを全くしなくても問題ありません。

【卒業さえできればいい】という学生も【目標がある学生】もどちらもウェルカムなのです。

同じ学校でもどのような気持ちで入るか、何を望むか、何を行動するかで学校生活及び進路(卒業後)は大きく異なります。

がむしゃらに頑張れ!意識を高くしなさい!と言いたいわけではありません。

ですが、入学前に「自分が望むもの」や「自分は将来どうなりたいのか」とゆっくり考えてみることは大切です。

そしてその意に沿った学校や専攻を選ばないと学校生活が自分の満足したものにならないかもしれません。

 

人生は環境で変わる

どのような環境に身を置くかというのは、人生において非常に重要なことだと思います。

先程、「自分の意に沿った学校を選ぶことが重要」と書きましたが、それは環境を選択するということだからです。

例えば…

通信制高校でも大学進学クラスがあります。その教室に通えば、あなたの周りには、進学を目指す学生がいて、みんな受験に向けて勉強をしています。

ですが進学クラスを選択しないと受験勉強を始める学生はほぼいません。

友達やクラスメイトが遊ぶ中、自分だけ黙々と勉強を続けるのは【とても強い意志が必要】なのではないでしょうか?

周りの誰も勉強をしていなければ自分の中で「勉強をしないと!」という気持ちが生まれにくいですし、遊んでいるほうが楽しく楽なので次第に当初の自分の目標もなくなってしまうかもしれません。

また逆に、アルバイトをしたいから通信制高校に入ったのに、登校頻度が多くてアルバイトができなかったら、それも不満になりストレスになります。

大切なのは【自分がどうしたいか】です。

通信制高校は、偏差値も関係なく入学する上で特別な入試がないことが多いです。いろんな方が集まる個人主義の学校です。

ですが、【環境】が与える影響は大きいので、入学前に自分はどのようなスタイルで学びたいか、どのようかことを学びたいか、何を大切にしたいか?しっかり検討し、【環境】を自ら選択することが大切です

 

まずが多くの学校を知ることが大切

自分がどうしたいか見つける上で一番大切なのは、いろんな学校や勉強できることをできるだけ【知る】ということです。

通信制高校は、学校の数も非常に多く、近くにキャンパスがなくても入学することができます。

選択肢も無限大です。

【いろいろ知ったら、選択肢が増えて迷っちゃうじゃん😂💦】と思う方もいるかもしれません。

ですがそれは逆で、いろんな学校のパンフレットをみていくうちに、自分が興味があるもの、ないものがはっきりしてくることが多いのです。

様々な学校を比べてみることで、「A校のほうがいいな!」「登校は週に◯日がいいな!」「この勉強には興味がないな」という自分が心惹かれるものとそうでないものに気づけます。

そのためにおすすめなのが通信制高校の公式資料を一括請求できるサイト【ズバット】を利用することです。

\実際に取り寄せるとこのような資料が届きます/

私も通信制高校を検討するときに利用しました。当時は通信制高校のことなど全く知らなかったので、今住んでいるエリアから通える通信制高校の資料を請求しました。そしたらたくさんのパンフレットが届きました。

聞いたこともない名前の学校も多く、でも調べてみると大手の通信制高校であったり^^;

また通信制高校は高等学校卒業だけを目指す場所かと思っていましたが、美容や芸術など専門課程を学ぶことができるんだということも知り驚いたのを覚えています。通学方法や勉強スタイル(登校やネット)がたくさんあることも驚きました。

パンフレットを見ているうちに大学進学をしている学生が多くいることをはじめて知り、「大学進学」が選択肢にあることを知り、私の未来は変わりました(^^)✨

「知る」ことの重要性を強く感じたときです。

完全無料ですし、届く資料は各学校が公式に発行しているものなので安心です。通信制高校を検討している多くの学生が利用しているのでぜひご活用ください♪

\完全無料・公式資料/

資料請求サイト【ズバット】

 

 

例えば…★

ショーウインドウに並んだケーキもショートケーキだけでなく、いろんなケーキがあるから自分の好みや好きなものが生まれます。ショートケーキしかなかったら、選択肢はなく自分が一番何が好きなのかわかりませんよね。

私は、しっとりとしたチーズケーキが大好きです❤私の友達はモンブランが大好き❤みんな、好みが異なります。あなたの好みはなんですか?

学校選びも同じです。多くの選択肢を知ることで自分の望む道を自然と見つけられます。

学校選びめんどくさい…、近くでいい…、などと思う気持ちはと〜ってもわかります😂

ですが、このサイトに来ていただき、読んでくれた皆様には納得の学校生活を送るためにも【今知ること】【今できること】をしていただき、ベストな学校を選べた!よかった!と思ってほしいと願っています✨

通信制高校生活があなたにとって充実した日々になることを応援しています!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

-通信制高校について

Copyright© 通信制高校専科 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.