通信制高校について

ヤングケアラーの学校問題。日本の現状と通信制高校の選択について

近頃ニュースでヤングケアラー増えていると話題になっています。

最近注目されるようになった言葉ですが、ヤングケアラーは誰にとっても身近な問題です。

ヤングケアラーと学校生活についてまとめました。

 

ヤングケアラーとは

ヤングケアラーとは、『家族にケアを要する人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている、18歳未満の子ども』と定義されています。

 

一例

  • 障害や病気のある家族に変わり、買い物・料理・掃除・洗濯などの家事をしている
  • 家族に代わり、幼いきょうだいの世話をしている
  • 家計を支えるために労働をして、障害や病気のある家族を助けている
  • 日本語が第一言語でに家族や障がいのある家族のために通訳をしている
  • がん・難病・精神疾患などの慢性的な病気の家族の看病をしている

一般社団法人日本ケアラー連盟が定めている定義の一部を記載しました。ヤングケアラーといっても状況は様々で、負荷の重さもそれぞれです。

 

ヤングケアラーの中で最も多いのが幼い兄弟の世話を引き受けているということです。近年では離婚する家庭も珍しくなく、片親の家族も多いです。そのような背景から兄弟の世話をする子どもが増えています。

 

他にも

✅晩婚化が進んだことにより、両親の病気や体調不良が子どもが学生の時期に訪れる。

✅経済格差が広がる現在、貧困家庭が急増。家計を支えるために働かざるえない。

✅思いがけない事故で家族の介護が必要なった

 

など理由は、多岐に渡ります。

 

そして、ヤングケアラーになる可能性はだれにでもあると言えます。決して他人事ではなく、身近な問題となっています。

 

家族構成や経済状態、突然の事故。要因は多いのですね

 

ヤングケアラーが抱える問題

自分の両親や家族にケアが必要な場合、それを子供の意思で拒否できることはほとんどありません。子ども自身も、家族のために貢献したいという想いもあるでしょう。幼い兄弟の面倒をみることや介護や家事をすることは『自然なこと、当たり前のこと』と認識されているのがほとんどです。

 

若いうちから家族のケアや家事を任されることで、自分自身の勉強の時間・遊ぶ時間・学校へ行く時間が無くなっている学生も多く問題になっています。子ども時代に子供らしく過ごせないということが精神面でも大きく負荷となっています。

 

学生時代、自分の時間をもてずに家事や介護に従事することで生まれる問題は数多くあります。

 

ヤングケアラーで生じる問題

・自分の時間がない、子どもらしく遊べない

・自宅で勉強ができない

・自分の夢や目標よりも目の前の介護や家事に追われる

・日々の疲れが学校生活にも影響を与える

・責任が重くストレス過多になる

・わがままを言えず、自分を抑える

・働き手の両親が介護対象者の場合、経済的にも困窮する

このように、ヤングケアラーで生じる問題はたくさんあります。

 

周りの友達が遊んでいる時間、部活動や勉強に打ち込んでいる時間に自由に時間を使えない学生の負担は想像以上に大きいものです。またヤングケアラーの特徴は、長く続く可能性があるということです。

 

ヤングケアラーは水面下にいる

私の学生時代、周りの友達で家族の介護をしている友達はいませんでした。

 

いなかったのではなく、『私は知らなかっただけ』というのが正解かもしれません。友達が自宅に帰ったあと、その家庭の中を知るのは難しいことです。またケアすることが当たり前の子供にとって、介護や家事は日常。当たり前のことなのでいちいち周りに報告するようなことではないのかもしれません。人に言いたくないという子ども多いようです。ヤングケアラーの多くは、表に出てこずなかなか知ることができないものなのです。

 

アメリカでは、子供であっても『独立した一人の人間である』という人権意識が強く、子供が介護に追われ自分の人生や生活を送れないのを防ぐため、ヤングケアラーの支援が積極的に行われています。

 

 日本では支援は遅れており、現状子供がサポートする以外どうすることもできない状況となっていることが多いようです。

 

ポイント

数年前まで『ヤングケアラー』という言葉を知らなかった方がほとんどでした。少しずつ認知度が上がっていることは間違いありません。これから少しずつ支援が広がっていく可能性があります。

 

 

ヤングケアラーの学校事情

家族のお世話や介護をしているといっても、人によって状況はそれぞれです。簡単な補助をしている方、家事を全般を任されている方、重労働で責務の想い介護を担っている学生もいます。

 

長時間、責務の重い介護や家事を担っている学生のなかには、学校を休みがちになったり、修学旅行などの学校イベントを断念せざる得ない学生も多くいます。自宅で勉強を進める時間も確保できず、成績が落ちたり、日々の疲れから学校生活に支障をきたすことも多いのが現状です。授業中に居眠りをしてしまい教師から『気が緩んでいる、だらしない』と思われてしまい歯がゆい思いをしている方も多くいるようです。

 

それでも中学の義務教育まではいいのですが、高等学校になると試験を受けなかったり、授業に参加しないと単位が取れずに進級できなくなります。

 

このような背景もあり、ヤングケアラーの学生の割合が最も高いのが通信制高校です。全日制高校に通うことが体力的にも精神的もきつくなった学生や、全日制高校の勉強についていけなくなった、単位を取得できず進級できなかった学生が通信制高校への入学を選択しています。

 

通信制高校を選択するメリット・デメリット

 

ヤングケアラーの割合が最も高くなっている通信制高校。

 

登校頻度を減らすことで学校の負担を減らすことができます。毎朝学校に行き、夕方に帰宅して家事や介護を行い、夜遅くに勉強をする生活に比べたら体力的な負担は通信制高校を選択することで大きく軽減されるでしょう。

 

このような側面をみると通信制高校はヤングケアラーにとって学びやすい環境かもしれません。

 

ですが、マイナス面もあります。まずは金銭面での問題です。通信制高校は『公立校』が少ないです。各都道府県に1~2校あるかないかで、住んでいる都道府県外の公立通信制高校には入学することができません。住んでいる都道府県の公立には遠くて通えないという可能性もあります。

 

その場私立の選択となりますがを、公立の全日制高校に通っていた学生の場合、学費が上がる可能性があります。

 

就学支援金制度を利用すれば学費を抑えることはできるので確認しましょう

 

私立はネットで学べる環境が整っているなどメリットも多くあります

 

もう一つ、マイナス面になりうる可能性があります。通信制校高校を選択することで『学生』としての自分の時間が減り、家のことが中心になることで、精神的に余裕がなくなってしまうということです。ヤングケアラーで多忙のなか全日制高校に通うのが大変な方も多いかもしれませんが、日中の学校にいる時間は、介護や家事から解放される自分の時間を過ごせる大切な時間かもしれません。

 

大切な家族、身近な家族、そんな家族を支えたい気持ちは重々わかります。(私も社会人になってからですが、介護経験者です。)ですが、自分の人生も進んでいきます。通信制高校を選ぶなら『自分が納得しているか』ということを一番大切にして検討してほしいと思います。

 

通信制高校を知りたい!

通信制高校を知りたい方におすすめなのが、資料一括請求サイトのズバットです。お住まいのエリアから通える通信制高校や希望に沿った通信制高校の資料を完全無料で一括請求できます。ぜひお役立てください✨

 

\完全無料で資料請求/

資料請求サイト【ズバット】

 

ヤングケアラーで悩んでいる方へ

もし、今家族の介護や家事で悩んでいる。全日制高校を辞めて、通信制高校を選択するか迷っている方がいたら、伝えたいことがあります。

 

『自分中心に考えることは悪くない』ということです。ヤングケアラーという状況で生活している方は、自分を後回しにすることが当然のことになっているかもしれません。

 

自分より家族、家族を放っておいて自分のしたいことをすることに強い罪悪感を感じる方もいるでしょう。とても優しい家族想いの方こそ、このような思いは強いかと思います。

 

ですが、全てあなたが引き受ける必要はありません。きつくなった時は無理せずSOSを出しましょう。家族に話し負担を減らす協力をしてもらったり、行政のサポートを受けて、自分の時間や自分の人生を大切にする選択をしてほしいと思います。

 

家族の介護状態や経済状態によっては、国の支援を受けれる場合も多いので相談してみるのもいいと思います。また今の状況で悩んでいる方、ストレスが溜まっている方は、厚生労働省に相談窓口があります。遠慮せずに、どんどん利用してください。

 

以下の相談窓口は厚生労働省が設置した窓口です。

厚生労働省 児童相談所相談専用ダイヤル 児童相談所は、都道府県、指定都市等が設置する機関で、子どもの健やかな成長を願って、ともに考え、問題を解決していく専門の相談機関です。虐待の相談以外にも子どもの福祉に関する様々な相談を受けつけています。
電話番号(年中無休・フリーダイヤル) 0120-189-783

現状どうしようもないと悩んでいる方もいるかもしれません。そのような方はぜひ相談ダイヤルに電話をかけてみてください。このような悩みは誰かに話せることで気持ちがとても楽になります。また専門家のサポートを受けることで新たな選択肢が増えるかもしれません。

 

あなた自身が元気で健康でハツラツをしていることで、家族を明るく照らします。そのためには自分の時間や自分のしたいことをしてあなた自身が楽しむがことがとても大切です。

 

 

-通信制高校について

Copyright© 通信制高校専科 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.