通信高校学校紹介

飛鳥未来高等学校について

個性的な名前な飛鳥未来高等学校。

飛鳥未来高等学校の詳細をまとめたので検討している方はぜひ御覧ください。

飛鳥未来高等学校の特徴

飛鳥未来高等学校は全国にキャンパスがある広域通信制高校です。

30年以上の歴史ある教育システムで一人ひとりの可能性と個性を伸ばせるカリキュラムを採用しており、多くの学生から選ばれている通信制高校の1つです。

 

 

多くの専門科目が学べる

飛鳥未来きずな高等学校は、学校法人 三幸学園が運営する単位制・広域通信制高校です。

三幸学園グループは多彩な分野の専門学校を運営しています。

通信制高校でも自分の興味のある専門科目を選び学ぶことでそれが単位にもなります。

そのため好きな分野を実際に学べたり体験することができます。

将来したいことが決まっている人もそうでない人も実際に学んで体験してみることで自分の向いていることや好きなことを見つけれる機会が増えるのが魅力です。

◯アグリカルチャー・栄養調理

◯医療事務

◯福祉

◯健康スポーツ

◯美容

◯こども

などの分野があります。開講科目はキャンパスによって異なるので事前に確認しましょう。

 

進路決定率が高い

飛鳥未来きずな高等学校の卒業後の進路決定率は、91.7%と全国平均より圧倒的に高い決定率になっています。全国通信制高校平均の進路決定率は57.6%なのに比べると非常に高いということがわかります。

飛鳥未来きずな高等学校は、「自分好きなことを見つける」ということに重点を置いています。そしてそれらを目指せるようなカリキュラムやサポートが用意されているので、進路決定率が高くなっているのではないかと思われます。

飛鳥未来きずな高等学校の姉妹校の専門学校では優先入学することができ、選考料2万円と授業料の10万円が免除される制度もあります。

 

学校行事がたくさんある

通信制高校だと、基本は自宅での学習です。学校に行く頻度も全日制とくらべて少ないため、イベントなども少なくなりがちです。

飛鳥未来きずな高等学校は、自由に選べる学校行事を多く用意しています。

スポーツ大会、文化祭、BBQ、いちご狩り、陶芸体験など、多くのイベントを通して友達を作ったり、仲間との絆、思い出をたくさん作れる機会が用意されています。

勉強以外のイベントを楽しみたい方におすすめです。

 

学校生活サポートシステムが充実

メンタルサポートや勉強のサポートなどが充実しています。

環境の変化はストレスがつきやすいものです。過去に不登校を体験したり、学校を辞めた経験がある学生は新しい環境で「友達とうまくやっていけるのかな」「卒業できるのかな」と不安を抱え込みがちです。

そんな学生に心理学の専門的な知識を持つ先生がサポートします。友人関係や不安や心配は溜め込まず話すことで気持ちが軽く前向きになりやすくなります。

登校に不安がある生徒や集団生活、学校生活に心配を抱えている学生のサポートをします。

学習面ではネットで自分の勉強の進捗状況がわかる「あすかネット☆スタディサプリ 連絡帳」が用意されています。スマートフォンで、自分が履修している科目、レポート、スクーリングの状況をリアルタイムで確認できます。

個別指導&担任制で一人ひとりの学校生活をサポートし、学習面ではレベルや目標に合わせて個別指導を行っています。

通信制高校は単位制で自分で勉強を進めていくスタイルなので学習が止まって卒業が長引いてしまう生徒が多くなりがちです。

サポート体制が整っているのは大切なポイントになります。

 

コース

ベーシックコース

飛鳥未来きずな高等学校には2つのコースがあります。

1つ目は、ベーシックコースです。

週に1〜5日まで、自分のペースに合わせて自由に登校する日数を決められます。

週に1日や2日でもいいですし、4〜5日に通うことも可能です。スクーリング頻度を自由に選べます。

次の項目に当てはまる方は「ベーシックコース」がおすすめです。

◯自分のペースで勉強を進めて行きたい方

◯自分の時間を有効活用したい方

◯将来の夢を叶えるための時間を多く取りたい方

◯苦手な科目やわからないところを個別に聞きたい方

◯体調に合わせて無理なく通いたい方

 

スタンダードコース

週に1回のホームルームに参加し、スクーリングはベーシックコース同様自分のペースで通うことができるコースです。

毎週ホームルームに参加することで自然とクラスメイトとの交流が増え、仲良くなりやすくなるのがこのコースの特徴です。

勉強の進み具合の管理や行事前にクラスみんなで話し合いや練習を行うことができます。充実した高校生活を送れるコースとなっています。

◯毎週クラスのみんなに会いたい方

◯自分のペースで勉強を進めたい方

◯高校生活を思いっきり楽しみたい方

◯毎日は難しいけど週1日なら通える方

◯毎週先生に学習状況を確認してもらいたい方

におすすめのコースです。

 

 

週に2日のアカデミー実施

飛鳥未来きずな高等学校では、火曜日と木曜日にアカデミーを開催しています。

こちらはベーシックコース、スタンダートコース共通です。

進学アカデミー

進学を目指したい方

補修アカデミー

苦手な科目を克服したい方/レポートが思うように進まない方

ビューティーアカデミー

ネイルアートとメイクアップの資格を目指したい方

アカデミーは参加人数によって開催されないこともありますので確認しましょう。

 

飛鳥未来きずな高等学校の学費

スタンダードコースで、中学を卒業してすぐに入学した生徒の場合。

入学金 10,000円
施設設備費 60,000円
単位履修料 240,000円
補修費 180,000円
教材費 10,000円
諸経費 10,000円
合計 547,000円

となっております。転入する場合で単位を一部取得している方や、入学時期によっても学費は変動するので確認しましょう。

また上記の学費も就学支援金対象の方は、支援金が支給されるため、減額請求となります。

支給額は各世帯の所得によっても変動するので行政に確認しましょう。

 

飛鳥未来高等学校と飛鳥未来きずな高等学校の違い

飛鳥未来高等学校のホームページやパンフレットをみると飛鳥未来きずな高等学校の記載もあり、違いは?と気になる方もいるかと思います。

飛鳥未来高等学校と飛鳥未来きずな高等学校は姉妹校です。

同じ学校法人のため、学費や通い方に違いはありません。

ですが飛鳥未来きずな高等学校のうほうは、2017年10月に開校したばかりの高校のため飛鳥未来高等学校とくらべて生徒数が少なく、規模も小さくなっています。校舎も別です。

そのため、飛鳥未来高等学校にあって、きずな高等学校にないコースがあったりと、行事や内容も異なります。

どちらの学校にしようか悩んでいる場合は、実際に説明会にいき、自分の望むコースなどがあったり、通学しやすいほうを選択しましょう。

 

まとめ

好きな専門分野を学べる、学校生活を楽しめる、サポートが手厚いなどの特徴を持った通信制高校です。

特に大きな特徴はやはり三幸学園の専門学校の多さであり、通信制高校でもそれらを学ぶことができるということです。

文化祭などのイベントも充実しており、高校生活を楽しみたい方にも選ばれています。

興味がでた方は、個別相談会や学校説明会に出向いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-通信高校学校紹介

Copyright© 通信制高校専科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.